テレビの多段階評価

テレビの統一省エネルギーラベルと多段階評価

統一省エネルギーラベル

多段階評価

年間消費電力量

省エネ法に基づいて家庭での平均視聴時間を基準に算出した、1年間に消費する電力量です。年間消費電力量が小さいほど、目安となる年間電気料金が安くなります。一般的に、テレビサイズが大きくなる、あるいは複数の機能を備えるほど、年間消費電力量は大きくなります。

省エネ基準達成率

画面の大きさや機能(動画表示速度、画素数、録画機能等)が同じならば、省エネ基準達成率が高いほど省エネ性が優れ、年間電気料金も安くなります。
テレビサイズや付加機能等により分けられた区分ごとに、それぞれ目標基準値算定式が設定されています。

テレビのお役立ち情報はこちら

関連サイト