注目の再生可能エネルギー

地熱発電

地下深部に溜まった雨水等が地熱によって加熱。
その熱水・蒸気を取り出してタービンを回し発電します。

日本は火山帯に位置するため、地熱利用は戦後早くから注目されていました。
本格的な地熱発電所は1966年に運転を開始し、現在では東北や九州を中心に展開。
総発電電力量はまだ少ないものの、安定して発電ができる純国産エネルギーとして注目されています。

  1. 高温蒸気・熱水の再利用
    発電に使った高温の蒸気・熱水は、農業用ハウスや魚の養殖、地域の暖房などに再利用ができます。
  2. 持続可能な再生可能エネルギー
    地下の地熱エネルギーを使うため、化石燃料のように枯渇する心配が無く、長期間にわたる供給が期待されます。
  3. 昼夜を問わぬ安定した発電
    地下に掘削した井戸の深さは1,000~3,000mで、昼夜を問わず坑井から天然の蒸気を噴出するため、発電も連続して行われます。
  • 出典:資源エネルギー庁

地熱発電のしくみ

地熱発電のしくみ
  • 出典:資源エネルギー庁

日本の地熱発電設備容量および発電電力量

発電設備容量および発電電力量
  • 出所:火力原子力発電技術協会「地熱発電の現状と動向 2005 年」、電気事業連合会「電気事業便覧(平成22 年版)」をもとに作成
  • 出典:エネルギー白書2011