電気をためる&必要なときに使う
住宅用リチウムイオン蓄電池

太陽光などのエネルギーを蓄電池にためておくことを蓄エネと言います。
昼夜問わず必要に応じて電力を取り出せるとともに、予期しない停電のときなどにも使うことができます。

蓄電池のいいところ

太陽光発電システムと連携できる

昼間は太陽光で創った電気を使いながら、余った電気を蓄電池に充電。夜は蓄電池の電気を使い、足りない分だけ電力会社から購入します。電気代の節約と電力の自給自足が可能になります。

夜間の電力を日中に使える

昼間や夜間の電力ピーク時に、前日の夜間電力で蓄えた蓄電システムからの電気を使用することで、電力会社から購入する日中の電力量を抑制すること(ピークカット)が可能です。電気代の節約、ピーク電力の削減、消費電力の平準化ができます。

停電時にも電気が使える

突然の停電は困りますよね。そんなときでも蓄電システムがあれば、バックアップ電源として使用できます。

  • 太陽光発電システムの発電量が多い場合には、特定負荷へ給電するとともに蓄電システムにも充電します。
  • 太陽光発電システムの発電量が少ない場合には、不足分の電力を蓄電システムから給電します。
  • 監修:一般社団法人 電池工業会

住宅用リチウムイオン蓄電システムって何?

住宅用リチウムイオン蓄電池システムとは、小型軽量が特徴のリチウムイオン蓄電池と電力装置を組み合わせ、容量や形状を住宅向けに最適化した、住宅に設置する定置用蓄電システムです。蓄電池に蓄えた電気を上手に使い、節電や省エネを無理なく実現できます。

HEMSを活用してエネルギーの「見える化」「わかる化」「できる化」

リチウムイオン蓄電池に蓄えた電気と太陽光で創った電気をHEMSのエネルギー・マネジメント・システムを活用して、「見える化」「わかる化」「できる化」が実現します。

HEMSについて詳しく見る
  • 詳細は、下記ウェブサイトをご確認ください。
    http://www.denchi.info/archive/knowledge.pdf

住宅用リチウムイオン蓄電池のいいところ

リチウムイオン蓄電池は鉛蓄電池に比べ、質量、体積エネルギー密度ともに大きいことが特長です。

蓄電池の重さ・大きさ・スペースの大幅な削減が可能です。

メーカー各社のスマートライフ関連サイト