かしこく使って省エネ・節電

生活に欠かせない家電製品は、使い方のちょっとした工夫で節電することができます。
家電製品を上手に使いましょう。

テレビの使い方ポイント

見ない時はこまめに電源をオフに

見ていないテレビはこまめに消しましょう。

画面の明るさを上手に調節

部屋の明るさに合わせて適切な明るさでテレビを視聴しましょう。

節電機能を有効活用

電源の切り忘れを防ぐための機能を搭載した機種が増えています、積極的に活用しましょう。

画面のお掃除

画面は埃がつきやすく、埃が画面を暗くしますから、こまめにお掃除をしてください。

しばらく見ないときは本体の電源スイッチでオフ

長期間使用しない場合は、本体の電源スイッチで電源を切りましょう。微量ながら待機時電力を節約することができます。

  • 本体の電源スイッチを切ると電子番組表などの情報が更新されなくなる、予約機能などが動かなくなる機種がありますので、お使いのテレビについて取扱説明書等で確認してください。

また、旅行などで長く留守にする時は、電源プラグをコンセントから抜きましょう。

  • 電源プラグを抜くときは、本体が動作していないことを確認してください。

メーカー各社の節電方法

各メーカーでも、家電製品のさまざまな節電方法が紹介されています。ご参考にしてください。