注目の再生可能エネルギー

再生可能エネルギーとは

再生可能エネルギーとは、法律(※)で「エネルギー源として永続的に利用することができると認められるもの」として、太陽光、風力、水力、地熱、太陽熱、大気中の熱その他の自然界に存する熱、バイオマスが規定されています。再生可能エネルギーは、資源が枯渇せず繰り返し使え、発電時や熱利用時に地球温暖化の原因となる二酸化炭素をほとんど排出しない優れたエネルギーです。

  • エネルギー供給事業者による非化石エネルギー源の利用及び化石エネルギー原料の有効な利用の促進に関する法律

再生可能エネルギーの特徴と種類(事例)

再生可能エネルギーの特徴

現在わが国の主要なエネルギー源である石油・石炭などの化石燃料は限りがあるエネルギー資源です。これに対し、太陽光や太陽熱、水力、風力、バイオマス、地熱などのエネルギーは、一度利用しても比較的短期間に再生が可能であり、資源が枯渇しないエネルギーです。

再生可能エネルギーの種類

  • ・太陽光発電
  • ・風力発電
  • ・バイオマス
  • ・水力発電
  • ・地熱発電
  • ・太陽熱利用
  • ・雪氷熱利用
  • ・温度差熱利用
  • ・地中熱利用
太陽光発電

太陽の光エネルギーから発電します。

風力発電

風の力で風車を回し発電します。

バイオマス

動植物などから生まれた生物資源を「直接燃焼」したり「ガス化」するなどして発電します。

水力発電

高所から流れ落ちる水の力で水車を回し発電します。

地熱発電

地熱によって加熱された地下深部の熱水、蒸気を取り出してタービンを回し発電する。

太陽熱利用

太陽の熱エネルギーにより、水や空気などを暖め給湯や冷暖房などに活用します。