注目の再生可能エネルギー

水力発電

高所から流れ落ちる水の力で水車を回し電気に変える水力発電

古くから日本のエネルギー供給源として、重要な役割を果たしてきました。

原油価格が高騰の一途をたどっている今、再生可能、純国産、そしてクリーンなエネルギーの供給源として水力発電、とくに、大規模なダムを必要としない中小規模のタイプ(1,000kW以下)が注目されています。

  1. 成熟した技術がある
    既に高度に確立された技術を使うため、今まで未利用だった中小規模の河川や農業用水路などを水力発電に利用することが可能。
  2. 自然の形状を有効活用
    河川や用水路などの流れをそのまま利用する「流れ込み式中小水力発電所」は、自然の形状をそのまま利用するので大規模ダムなどの施設が不要。
  3. クリーンエネルギー
    太陽光発電同様、発電時には二酸化炭素等を排出しません。
  4. 安定した発電が可能
    昼夜、年間を通じて、品質の高い安定した発電が可能です。
  5. 小水力発電
    ダムのような大規模な施設は必要なく、水の流量と落差を利用してタービンを回し、発電します。
    用水路、小川、上水道・下水処理施設、工業用水などの水を利用することができます。
  • 出典:資源エネルギー庁