買い替えて省エネ

買い替えの時は、省エネ効果の高い家電製品を上手に選びましょう。
製品ごとに、チェックするポイントをお知らせします。

照明器具の選び方&買い替えのポイント

省エネ性能が高い製品を選びましょう

照明器具・照明ランプの省エネ性能は、エネルギー消費効率(lm/W)で比較します。

蛍光灯器具並びに電球形蛍光ランプの場合、省エネ達成基準が高いほど、省エネ性能が優れています。
カタログや店頭の省エネルギーラベル・統一省エネルギーラベルで省エネ性能を確認できます。

詳しくは省エネルギーラベル・統一省エネルギーラベルについてのページをご覧下さい。

電球形LEDランプ並びにLEDシーリングライトの場合、適用畳数表示などの明るさを確認の上、エネルギー消費効率などで比較してください。

電気工事が不要で交換できる場合もあります。
ランプ・照明器具交換で省エネ+快適に!

一般電球使用の照明器具、点灯管付き蛍光ランプ使用の照明器具の交換を検討しましょう。

  • お風呂には防湿形。玄関や庭には防雨形の器具を使用してください。
  • 引掛シーリング対応のシーリングライト・ペンダント・シャンデリア、置き換えるだけですむデスクスタンド・フロアスタンド以外の照明器具を取り換える場合は、販売店・工事店に取り付け・交換を依頼してください。取り付け・交換には電気工事士の資格が必要です。

電球形LEDランプで交換する場合

(1)口金のサイズを確かめましょう

一般電球やボール電球と同じ「E26」と、ミニクリプトン電球と同じ「E17」の口金があります。

(2)明るさの目安を確認しましょう

交換するときは、下表から現在お使いの電球とほぼ同じ明るさになるひかりの量「ルーメン(lm)」表示を選びましょう。
また、カタログやパッケージにも「ルーメン」が表示されていますので確認してください。

  • 出典:「住まいの照明省エネBOOK2013年度版」

(3)ひかりの広がり方で選びましょう

「全方向が明るいタイプ」と「下方向が明るいタイプ」があります。全方向が明るいタイプは、白熱電球に近いイメージで使えます。

パッケージでの確認

  1. 口金のサイズ
  2. 光の量
  3. 光の広がり方
  4. 光の色
  5. Sマーク
  6. 調光器具、密閉形器具対応

LED照明器具(シーリングライト)で交換する場合

(1)引掛けシーリングの形状を確めましょう

照明器具の多くは電気工事が必要ですが、シーリングライトやペンダントの中には、天井に写真のような引掛けシーリングがついていれば、電気工事なしで取付けが可能な照明器具があります。

(2)お部屋の広さに合った明るさを確認して、効率のよい照明器具を使いましょう

LED器具の適用畳数の表示基準

  • 出典:一般社団法人 日本照明器具工業会ガイド121-2011

(3)付加機能で選びましょう

  • 調光機能、調色機能
  • センサーによる明るさ調整機能
  • 人感センサー